ウッドチップで庭やドッグラン、雑草対策 ウッドチップ専門店 ichise

ウッドチップ販売 雑草対策やドッグラン

  • ホーム
  • お支払い方法について
  • 送料について
  • 特定商取引表示
  • プライバシーポリシー
  • お問合せ

  • お届けについて
  • ウッドチップで雑草対策
  • ウッドチップでドッグラン
  • 暑さ対策
  • ウッドチップ施工事例
  • ウッドチップ施工手順
  • 業務用ご検討の方はこちら
商品検索
商品カテゴリー

メニュー

インフォメーション

  • ウッドチップのこだわり
  • 株式会社市瀬
  • 空気清浄機 マジックボール


マジックボール ソリューション 通販 RSS
マジックボール ソリューション 通販 ATOM
ウッドチップで家庭菜園の雑草対策

毎年作っている家庭菜園の雑草対策としてウッドチップを使ってみました。

【作業時期について】
晩冬から早春くらいの時期にウッドチップで雑草対策をすると雑草の発生自体を抑えられますし、生えている雑草も少ないので作業が楽です。
まず畑を耕し、畝(うね:畑に、物を植えるため、幾筋も土を盛りあげた所)を5本立てました。
家庭菜園の雑草対策
畝に黒のマルチシートをかぶせます。
マルチシート
このマルチシートにはいくつかの効果を見込んで敷いています。
・雑草の防止
・土の流失の防止
・雨泥の跳ね返りによる、作物の汚濁や、病気の防止
・土の乾燥防止や、過湿防止
・黒色ビニールによる地温の上昇

寒くなる地域の為、地温の上昇は重要で、黒マルチシートの効果は大きいです。
ウッドチップを敷くことで畑全体に上記の相乗効果が得られるはずです。

また降雨の後のぬかるみも防げるため今後の作業効率がよくなります。

ちなみに一人で畝作りとマルチシートを敷くので1時間くらいの作業時間ですが、ビギナーの方がやるともっと時間が掛かると思います。

次にウッドチップを撒き、金属製の熊手を使って均しました。

ウッドチップで家庭菜園の雑草対策
こちらの熊手は伸縮式で爪の広がり具合を調整しながら作業しました。
ウッドチップで家庭菜園の雑草対策

ウッドチップで家庭菜園の雑草対策 ウッドチップを敷き終えたところ
ウッドチップを敷き終えました。

ウッドチップをきれいに敷くのに2〜3時間くらいの作業時間です。
使用したウッドチップの量は120リットル×10セットくらいです。

一面にまんべんなく敷くのと違い、畝を避けながらの作業でちょっと時間が掛かりました。


畑の縁の一部に柵を立ててウッドチップの飛散、流出対策をしました。


苗を植えました。
収穫が楽しみです。

その後しばらくしてどうなったでしょうか?確認しました。


(画像左側がきゅうり苗、右上に生えているのが雑草です)
苗は大きく成長していました。
雑草はかなり抑えられています。
畝と畝の間に敷いたウッドチップがしっかり雑草を防いでいます。
手前に小さな雑草が見受けられますが、雑草対策に十分な効果がみられます。


ウッドチップが濡れて赤茶色になっている部分が見られます。
日光が当たりウッドチップの下から出てきた雑草は、ウッドチップの効果により土がやわらかいままの為、簡単に抜くことができます。


ウッドチップ自体は時間の経過でかなり色が薄くなっていますが踏むとフカフカしたやわらかい感じは保たれています。
濡れている部分は木の赤茶色が見られます。

ウッドチップ表面は乾いているのですが、中は湿っており表土の乾燥を防ぎつつ水はけも良いのがウッドチップの利点です。
暑い時期は水撒きをする必要があるのですが、この様子だとその手間は減らしてもよさそうです。

ウッドチップは撒いた後、時間を掛けて土に分解されていきます。
土壌の状態によりますが、1〜2年程度でほぼ土に還ります。(樹皮は分解にもう少し時間が掛かります。)
その分解の過程で土壌が改善されていきます。

ドッグランや、庭の雑草対策とともに家庭菜園でもウッドチップは効果がみられました。

今回の作業では特に草むしりの手間、水やりの回数減、ぬかるみの軽減で効果的と感じました。

【POINTまとめ】
1.草むしりの手間が省けました。日光を遮るためウッドチップを敷いた場所からは雑草が生えづらい。
2.水やり頻度を減らせました。晴れが続いて表面が乾いていても、ウッドチップの下は湿り気が残っていた。
3. 2.に関連して日照りによる枯れを防いでくれました。
4.ぬかるみの軽減。作業前に雨が降ってもぬかるみが発生しづらく汚れやすべりを気にせず作業できました。


なすの苗がすくすく育っています。

植えてから2か月が経ちました。
立派に育ちました!
↓夕顔です。


↓茄子もしっかり育っています。



出来上がった茄子や夕顔はもちろんですが、ご注目頂きたいのは、ウッドチップを敷いた部分には雑草がほとんど生えていないところです。
例年に比べると雑草対策は大変楽になりました。


収穫した夕顔です。
夕顔はウリ科の蔓性一年草です。
かんぴょうの原料として知られていますが、家庭でかんぴょうを作るのはなかなかの手間なので、種を取って細切りにして味噌汁の具にしたり、挽肉と炒めて食べます。

夏バテ対策にもってこいです。
味は瓜に近く、控えめな風味のキュウリといった感じです。


左側が茄子で右側が夕顔。その間に挟まれているのが、キュウリです。

朝採れ野菜は本当に新鮮でおいしくいただきました。
ウッドチップについては、雑草対策に効果があり、雑草取り作業の大部分が解消されました。
またウッドチップは土表面の乾燥を防いでくれたため、水やり頻度も減らせました。
一言でいうと楽ちんになりました。

家庭菜園はもちろんですが、庭や敷地の雑草対策にお困りでしたら100%ナチュラル素材のウッドチップの導入をぜひご検討ください。

ウッドチップのシミュレーション